テトラポッドの裏

true tearsを応援中。たまに他の話題もする。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レッツゴードンキが桜花賞を制す

第75回桜花賞はキンカメ産駒のレッツゴードンキが勝ちました。

テレビで観戦していましたが、思わずガッツポーズし、枕をパンチしてしまいました(笑)
そのくらいうれしかったです。

それではレースを振り返ります。

スタートは素晴らしかったです。
3,4番手あたりで進めるかと思いましたが、スルスルと前に出て、結果、先頭に立ちます。
このときは正直「まずい。またやってしまったか?」と思いました。
前走チューリップ賞では道中かかってしまい、直線で差されてしまいましたからね。
しかし今回は、しっかしとペースをを落とし、じっくりと力をためていました。

半マイルが49秒(実際は50秒)と伝えられると、「よし」と思わず声が出ます。

直線ではいつ捕まるかとヒヤヒヤしましたが、ラスト1ハロンからさらに突き放し、勝利を確信します。
最終的には4馬身差の圧勝。久々に痺れました。

勝因はやはり岩田騎手の絶妙な騎乗です。
前走、同距離、同コースで逃げてつかまっていますから、普通同じ乗り方はできません。
前に行きたがったところで、普通はブレーキをかけたくなりますが、抑えずに行かせました。
もちろん逃げるのは簡単ですが、うまく力を温存させて逃げました。
100点満点の騎乗です。

ただ、騎乗だけで勝ったわけではありません。
それならば、前走同様、最後差されていたと思います。

この馬は力はありましたが、かかったり、展開などから惜敗が続いていました。
やっとすべての力が出し切れたのが今回の舞台だったといえます。

スローの低レベルレースと言われていますが、逃げながら最後4馬身突き放しています。
少なくともこのレースで最も強い競馬をしたのは間違いなくドンキです。
上りも4番目ですから「まんまと逃げきった」というのは少し違う気がします。

ドンキは阪神JF、チューリップ賞と同じ舞台を3戦続けてきました。
今回のレースにしっかりと照準を合わせてきた証拠です。
これまでの敗戦を見事に活かしたといえます。

このあたり、初阪神、初マイルだったルージュバックとは対照的です。
まあ、きさらぎ賞メンバーの成績を見ると、相手が弱かったという見方もできますが・・・

ドンキの次走は未定です。
個人的にはNHKマイルでも面白いと思っています。

次走からはマークも厳しくなり、簡単に逃げさせてはくれません。
次走はどのような位置で競馬をするのかも注目です。
もし府中でも逃げ切るようであれば本物ですね。


また、今週はニュージーランドトロフィーをヤマカツエースが制しました。
こちらもドンキ同様、もともと力はあった馬です。
2着馬がすごい競馬でしたので、NHKでは簡単に勝たせてくれないでしょう。

他はトゥザレジェンドが準オープンを勝利。
才能が開花しました。

対して弟のトゥザワールドは残念でした。
G1連戦を中1週はきついです。

何度も言いますがスターダムとの使い分けはやめてほしいです。
遠征まで行くなら、どちらか1頭に絞ってほしいものです。
とにかく今は無事に帰ってくることを願っています。


今週は重賞は2勝、特別1勝の合計8勝でした。

これだけ好調な滑り出しは2012年以来でしょうか。
好調の要因の一つは天気のような気がしています。
キンカメ産駒はスピードもパワーもあるオールマイティーな種牡馬ですが、逆に言えば決め手にも欠けてる気がします。

最近よくある稍重や湿った良はキンカメ産駒にぴったりの馬場なのかもしれません。
良ではディープ産駒の切れに屈しますし、重や不良ではパワー型の種牡馬にやられます。

ですからこういう天気が続けば面白かもしれません。


さあ、来週は皐月賞です。
ドゥラメンテにはキンカメ産駒初の牡馬クラシック制覇を期待します。
ただ初めての中山、2,000mなので期待ばかりではありません。
まずはダービーへの出走権を確実に取ってほしいです。

ダノンリバティも骨折から完全復活してきたので期待です。


今年のキンカメは一味違います!

スポンサーサイト
  1. 2015/04/12(日) 22:38:35|
  2. キンカメ速報(競馬全般)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラブリーデイが京都記念を制する

今週のキンカメ産駒は6勝。
うち重賞1勝、特別1勝でした。
喜ぶべき数字ですが、一番期待していた共同通信杯の敗戦により複雑な気持ちです。

土曜日は3勝。
うれしかったのはトゥザレジェンドの連勝。
グローリー、ワールドに比べると地味な存在ですが、やはりトゥザ一族です。
繁殖入りまでにもう1つ、2つなんとか勝ってほしいものです。


日曜日は3勝。
東西重賞は明暗が分かれました。

まずは京都記念。
キズナ、ハープスターの2強ムードでしたが、ラブリーデイ、スズカデヴィアスが見事に1、2フィニッシュを決めました。

レースはスズカデヴィアスが逃げ、ラブリーデイそれを追う展開。
ハープスターは中段、キズナは後方といった位置取りでした。
ペースもそれほど速くなく、固まったまま最後の直線へ。
4角でキズナが外に持ち出し追撃態勢を整えるという流れでした。

直線では逃げた2頭が激しく叩き合い、それをキズナが追撃します。
ハープスターは脚色がイマイチ。直線途中でもう勝ち負けは無理だとわかりました。

キズナがそのまま突き抜けるかと思いましたが、イマイチ伸びきれず、そのまま前の2頭が1、2フィニッシュ。
結果はハナ差でラブリーデイが勝ちました。

レース前の記事でも「まだGⅠ級相手は厳しい」と書いていただけに、この結果は驚きとともにうれしいの一言。
思わずテレビの前で「よしっ!」と声をあげてしまいました。(笑)

勝ったラブリーデイはやはり力をつけています。
前で競馬ができるのも安定して結果が出せる強みです。
馬体重プラス8キロで出てきての勝利ですから、ますます今後に期待が持てます。

2着のスズカデヴィアスは驚きです。
得意な条件とはいえまさかここまでやるとは・・・
こちらも馬体重プラス10キロでこのレースっぷりです。
まだ4歳になったばかりですから、ラブリーデイ以上に将来に期待がもてます。
まずは重賞制覇が当面の目標でしょう。

トウシンモンステラは6着。
最後の直線でハープスターが斜行し、またしても力を出し切れませんでした。
2戦続けての不完全燃焼。
力は着順以上のものがありますから、次こそ力を出し切ってほしいです。

レースはキンカメ産駒の1、2となりましたが、キズナ、ハープスターは骨折明けや休養明けといった事情があり、展開も勝ち馬に向いていました。
ですから力関係はまだキズナ、ハープスターのほうが1枚上と考えています。

キズナは骨折明けですから、3着でも上々と考えるべきです。
グラスワンダーも骨折明けは凡走しましたからね。
あと1走くらいすれば、力は戻るでしょう。
年齢や長期休養から若干ずぶくなった可能性も捨てきれませんが、直線が長い府中などでは末脚を爆発させることでしょう。
やはりエピファネイアとともに今年の古馬戦線の中心となる馬です。

ハープスターは休養明けでしたが、末脚もイマイチで今後が不安になる内容でした。
斤量が堪えたのでしょうか・・・
次走が試金石になりそうです。


そして京都記念の興奮が冷めないまま舞台は府中競馬場へ。
キンカメファンとしては「この勢いで東西重賞制覇を!」と意気込んだ共同通信杯です。

しかしながら1.8倍と圧倒的支持を得たドゥラメンテは2着に敗れてしまいました。

敗因は明確で、道中かなりの時間かかってしまったこと。
あれだけ無駄な力を使ってしまえば、最後の直線で力を出し切れません。
勝ち馬が最内でじっと足をため続けていたことを考えると、尚更でしょう。

ただ敗因がはっきりしているので、これをクリアできればクラシックでリベンジ可能だと思います。

しかしながら、かかり癖というのはやっかいです。
脚質を考えると父親のように道中中段待機で、直線半ばで抜け出し、押し切るタイプの馬だと思います。
今回のようにスタートがうまくいった場合にどのポジションでレースを進めるのか。
いかにかからないように折り合いをつけるか。
鞍上、厩舎ともに大きな課題を得ました。
クラシックまではまだ時間があるのでなんとかクリアしていってほしいです。

ただ、今回のレースでかかっても勝てるような、能力がずば抜けた馬ではないことがわかりました。
鞍上も今後はミスが許されないレースになってくると思います。

今回は2着で賞金加算できたため、最低限の結果だといえるでしょう。

しかし中1週と無理をしたことを考えると、勝っておきたかったところです。
無理なローテがかかったことにも影響していると思えるし、勝ち馬が1戦1勝馬だったことを考えると、なぜ無理をしたのだろうという思いは残ってしまいます。
今回のレースが後々後悔するような結果にならないように、しっかりと体のケアと、ローテーションを考えてほしいです。


  1. 2015/02/15(日) 17:52:37|
  2. キンカメ速報(競馬全般)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キズナ、ハープスターにラブリーデイらが挑む

日曜に行われるGⅡ京都記念。
キズナ、ハープスターのディープ産駒2強対決が注目されているが、他の馬にチャンスはないのだろうか。

我らがキンカメ産駒はラブリーデイ、トウシンモンステラ、スズカデヴィアスの3頭が出走。
いずれもようやく本格化してきたというところである。
ただ、現時点ではまだGⅠ級相手は厳しいという評価で、キズナ、ハープスターはやはり別格だと思っている。
よって、勝つのは難しいというのが私の予想である。

とはいえ、全く付け入るスキがないというわけではない。

キズナは骨折からの長期休養明けに加えトップハンデを背負う。
ハープスターも休養明けで、斤量の恩恵も少なくなった。
特にキズナに関しては骨折明けであることから過度な期待はできないと思う。

となると一番の計算できるのはハープスターということになる。
斤量増分を超える成長があったとすれば、ますます驚異的な存在になる。
ジェンティルドンナの跡を継ぎ、「牝馬の時代」の継続を象徴する存在になることだろう。

対するキンカメ勢で一番期待できるのはラブリーデイ。
前走の金杯は時計も優秀だったし、まだまだ成長途上だと考えるならば、前走からさらにパワーアップしたとことを見せてもらいたい。
勝てないとしても、どれだけ2頭と渡り合えたかが重要である。

また、トウシンモンステラは前走力を出し切れなかった感があり、ここで存分に力を発揮してほしい。
アドマイヤスピカが前走不完全燃焼からの次走大爆発があったので、モンステラにもそれを期待したい。

スズカデヴィウスは意外に人気しているという印象。
3勝のうち2勝が2200メートルのうえ、11月には京都2200メートルを勝っている。
得意な条件は揃っていると思うのでどこまでやれるか見てみたい。


トゥザワールド、ヒットザターゲットは出走しないが、ラブリーデイ、トウシンモンステラは今年のキンカメ古馬戦線で重要な役割を果たす馬である。
現時点ではGⅢ、GⅡレベルという評価だが、今回のレースでGⅠへの期待も持たせてほしいと思っている。
しかし、それもまだ早いかなというのが正直なところだ。


  1. 2015/02/15(日) 00:38:27|
  2. キンカメ速報(競馬全般)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドゥラメンテが中1週で登場

前走のセントポーリア賞で圧巻の走りを披露したドゥラメンテ。
そのドゥラメンテがわずか中1週で共同通信杯に出走することになった。

このローテーションについては私もあまり賛同できない。
皐月賞を目指すのであればわざわざ中1週で出走しなくても、スプリングステークスや弥生賞があるし、ダービーを目指すとしても毎日杯や京都新聞杯がある。
それなのに、なぜ、ここで無理をする必要があるのかと思ってしまう。

まして寒い2月の中1週である。
どうしても怪我をしたり疲労がたまることを心配してしまう。
仮にここを問題なく勝利しても、今回無理した影響があとあと出てくるかもしれない。
父であるキングカメハメハも屈腱炎で早期引退を余儀なくされた。
息子には同じ道を歩んでもらいたくない。

と、ここまで否定的な意見を書いてきたが、出走が決まった以上前向きにとらえたい。

上記のリスクは陣営も当然わかっているはずである。
その中で出走を決断したのだから、馬は好調を持続し、体調も問題ないはず。
かなり高い勝算があると考えての出走だろう。

また、近年、イスラボニータ、ゴールドシップが共同通信杯→皐月賞→日本ダービーのローテンションを組み、結果を出している。
ただ共同通信杯の勝ち馬でダービー馬となったのがジャングルポケットまで遡らないといけないのが若干気がかりである。


前日オッズ(20時31分時点)でも2.0倍の人気を得ているドゥラメンテ。
アヴニールマルシェといった強敵もいるが、ここを勝って「今年のダービーはこの馬だ」という声を大きくしてほしい。

そして何より無事に走り切ってほしい。


  1. 2015/02/15(日) 00:01:04|
  2. キンカメ速報(競馬全般)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トゥザワールドの豪州遠征を考える

メンバーの揃った有馬記念で3歳馬ながら2着に入り、力を見せたトゥザワールド。
そんなトゥザワールドがオーストラリアに遠征することになりました。

個人的には今回の挑戦は応援したいと思っています。

まずオーストラリアの競馬ですが、日本より1、2ランクレベルが下がると思っています。
昨年、日本ではG2すら取れなかったアドマイヤラクティ、ハナズゴールが豪州G1を勝利したことから、その思いは強くなりました。
また日本ではイマイチだったタヤスツヨシ、ジェニュインといった種牡馬が豪州でG1馬を輩出している点からも、正直、レベルが高いとは思えません。

そんな豪州G1を遠征までして取りに行く意味はあるのかと思えますが、昨年より賞金額を大幅に増やし、世界的な競馬イベントを目指す意思を示したことから、今後はレベルが上がっていくことが予想されます。
宝塚記念まで国内に中距離G1がない現状を考えると遠征は悪くありません。

ただ心配なのは健康です。
昨年豪州G1を制したアドマイヤラクティも心臓麻痺により現地で非業の死を遂げました。
海外遠征はアクシデントがつきものです。

以前、海外挑戦は大賛成で楽しく見ていましたが、キンカメ産駒を応援するようになってからは、カメッコの無事を祈るあまり遠征に賛同できなくなってきました。
昨年のホッコータルマエもヒヤヒヤものでした。
とにかくまずは無事に帰ってきてほしい。
それが第一です。

そんな中、嫌になる情報が入ってきました。
クイーンエリザベスステークスの叩きがわずか2週間前に行われるザBMWになったとのこと。
同僚のトーセンスターダムは3週前で距離も本丸と同じランヴェットステークスだというのに・・・

ザBMWとランヴェットSではザBMWの方が賞金的に上のようですが、叩きという位置づけならランヴェットSのほうが適していると思います。

実績的にはスターダムより各上であるトゥザを格上のG1に使ったと思いたいのですが、スターダムを優先した使い分けのようにも思えます。
菊花賞の前哨戦でもトゥザは使い分けの犠牲になったと思います。
今回もまたか・・・と残念に思ってしまうのが正直なところです。

まして、健康に留意しなければならいない海外遠征で中1週でG1を2連戦。
かわいそうだと思ってしまうし、心配でなりません。

ただ決まったからには応援するしかありません。
馬名の通り「世界へ」羽ばたいてほしいです。

  1. 2015/02/08(日) 23:27:32|
  2. キンカメ速報(競馬全般)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。