テトラポッドの裏

true tearsを応援中。たまに他の話題もする。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

能登半島観光2

前の記事でも書いていますが8日、能登半島観光に行ってきました

前の記事は花咲くいろはに重点を置いた記事にしたので
こちらでは当日の足取りを紹介します

実は当日まで能登半島に行く予定はなかったのです


まず、朝起きた時点で時計は11時でした

いつものように新聞を開いて天気をチェックすると
当日の降水確率が20パーセント以下とありました

部屋のブラインドを上げてみると外は晴れ

今日を逃すと当分能登に行くチャンスがないと思ったので
急遽出発することにしました

急遽とはいうものの、実は昨年末よりいつでも行けるように準備をしており
天気待ちの状態だったのです


そんなわけでまずは西岸駅に行きました
P1080261.jpg

駅の中には蜂の巣らしきものが…
P1080260.jpg

駐車スペース
P1080266.jpg
車を止める場所はこの写真以外の場所にもありました


西岸駅を出た後は能登鹿島駅に向かいました
P1080291.jpg
こちらでもいろはの舞台検証をしてきました

関係ないことですが当駅は無人駅なのにトイレがすごくきれいでした


能登鹿島駅を出た後はいろは関連の撮影をしつつ
いくつか寄り道をして帰りました

まず以前から気になっていた道の駅「なかじまロマン峠」寄ってきました
P1080319.jpg
かなりこぢんまりしておりますが中には飲食コーナーもありいい雰囲気でした

おみやげに能登レインボーラスクを購入
P1100345.jpg
色鮮やかで見ているだけでも楽しいですが
色によって味も違うようです


和倉温泉駅
P1080322.jpg
写真だけ撮ってきました


このあとかなり移動して道の駅「いおり」にも寄ってきました
P1080341.jpg
営業時間は17時までらしく、すでに閉店しておりました

P1080331.jpg
こちらは直売所です

P1080336.jpg
トイレには「足洗い厳禁」の文字が…

P1080343.jpg
駐車場入り口にはオブジェがありました


今回の旅は石川の天気を確認せずに出発したのですが
実際はかなり雨が降っていました

高岡あたりから少し雨が降り出して
その後は降ったりやんだりだったのですが
七尾駅の少し前から土砂降りになりました

西岸駅に着くころに雨がやんでくれることを祈って車を走らせたのですが
見事に雨がやんでくれて助かりました

その後も写真を撮るときや外に出るときに限って雨がやみ
本当に運がよかったです


最後に能登島を写した写真を載せておきます
P1080300.jpg

スポンサーサイト
  1. 2011/01/10(月) 18:07:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花咲くいろは舞台探索

8日に花咲くいろはの舞台探索に行ってきました

いろいろと一致する場所を見つけたのですが
民家が写っている写真を載せるのは気が引けるので
一部のみを紹介させていただきます

とりあえず「湯乃鷺駅のモデルは西岸駅」程度の知識で出発したのですが
帰宅後ネットで検索してみるとかなり特定が進んでいるようです

花咲くいろはPVの聖地巡礼(11/01/06) (お箸が重いさん)
花咲くいろは舞台探訪in西岸駅+α。(田舎在住のオタクのブログ。)さん

上記の2サイトで大体の情報はつかめると思います

それではちょっとだけ私の撮影した写真を紹介

西岸駅
pv4(9).jpg
P1080160.jpg

pv4(11).jpg
P1080210.jpg

pv4(3).jpg
こちらのシーンも西岸駅がモデルなのですが
乗り場を支えている柱が青色なのは能登鹿島駅と同じだな?
と思ったので下にちょっと載せてみました
P1080280.jpg

ここから下で紹介するのは
私が「雰囲気が似ているな」と感じたところです
pv4(2).jpg
P1080316.jpg
西岸駅の近くで撮影

電車の後ろに見える山の形が似ているように感じました
P1080316(2).jpg
ただ、花咲くいろははかなり実際の風景に忠実に作られているようなので
この場所も違うのではないかと思っています


pv4(8).jpg
P1080308.jpg
天気が悪いのと時間が遅そかったのでかなり見えにくくなっていますが
左側が似ていると感じたので紹介

西岸駅から能登鹿島駅に向かう途中の249号線上で撮影しました

もっといい天気の日に電車の中から撮影すれば
さらに細かく分析できると思います


なおこの記事は舞台の詳細がわかり次第、修正・変更していく予定です

また「ここは違っている」などのご指摘や
舞台の情報を教えていただけるとありがたいです

  1. 2011/01/10(月) 15:29:54|
  2. 花咲くいろは
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。