テトラポッドの裏

true tearsを応援中。たまに他の話題もする。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TARI TARI 第8~13話

TARI TARI 第8~13話見ました

まずはお決まりの適当比較画像

本当は1話ごとに更新できればいいのですが
一気に6話分やっちゃいます

といっても大変なので8話と13話をピックアップ

8話よりウィーンの家
TARI TARI 8話その1
DSC09690.jpg
2009年撮影

門は正確には写真のものではないようです
この先進んだところにモデルになった門があるのか?

家の全体像
TARI TARI 8話その2
DSC09681-2.jpg
こんな写真ですみません

もとはこちらの写真です
DSC09681.jpg
2009年撮影

江の島・鎌倉が舞台と知ったときから
必ず鎌倉文学館はでてくると考えていました
DSC09684.jpg
2009年撮影


次は13話

和奏がお祈りしたシーン
TARI TARI 13話その1
P7241775.jpg
2011年撮影

賽銭箱が隠れちゃっているので別の写真
P7241770.jpg
2011年撮影

最後は紗羽のぬいぐるみ
TARI TARI 13話その2
TARI TARI 13話その3
馬ぬいぐるみS サクラユタカオー 第94回天皇賞馬ぬいぐるみS サクラユタカオー 第94回天皇賞
()
アバンティー

商品詳細を見る

以前はディープスカイを紹介したのですが
前足が黒くなっているのでサクラユタカオーに変更

でも今の時代を考えるとやっぱりオルフェーヴルですかね

アマゾンには取り扱いがなかったので以下のサイトを紹介↓
アイドルホース【オルフェーヴル/菊花賞】(マスコット)(ターフィー通販クラブ)

ああ、それにしても凱旋門賞惜しかった…orz


それでは以下感想

TARI TARIは週末に録画したものを見ていました

自分の好きな江の島・鎌倉が舞台ということで見ていたのですが
最後まで楽しむことができました

true tearsほどではありませんが
P.A.作品では2番目に好きです
(そもそもTARI TARIとtrue tears以外はちゃんと見ていないのだが)

まずOPが好きでした

最初は特に気にならなかったのですが
アニメを見終わった後には思わず口ずさんでしまう歌でした

ストーリーは重すぎず、軽すぎずといった感じで
気軽に見ることができたし、時々ウルッとくるところもあり
とてもよかったです

紗羽の父親が競馬学校に電話をかけるシーンとか
和奏の母親が見舞いに来た教頭に
「ダメみたい」
というシーンはかなりきました

あと教頭が和奏に作曲のアドバイスするシーンもよかったですね

紗羽の騎手の話なんかは競馬ファンなので2倍楽しめました

騎手を諦めて調教師や厩舎・牧場スタッフ等に
なると思っていたので留学は意外でした

まだまだ感想はあるのですがこの辺で


江の島・鎌倉にはいずれまた行くと思うので
TARI TARIを思い出しながら散策してきたいと思います


最後にアニメを制作された皆さん
3ヶ月間楽しませていただきありがとうございました

スポンサーサイト
  1. 2012/10/08(月) 22:16:43|
  2. TARI TARI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オルフェーヴルは2着惜敗

先ほど第91回凱旋門賞が行われ
日本から参戦したオルフェーヴルは2着でした

キンカメ産駒ではないため、始まる前は応援するのも
少し複雑な気持ちだったのですが
ゲートが開くと全力で応援していました(笑)

直線抜け出し、ラスト200を過ぎたというところでは
「勝った」と思ったのですが
ラスト100を過ぎたときにソレミアの影が迫ります

「これは差される」

それでもリードはまだあります

ラスト50を過ぎたところで「行けるか」と思ったのですが
やはり最後は差されてしまいました


仕掛けが早かったとか言われますが
レース展開はよかったと思います

3着はかなり引き離しておりますし
先に抜け出した分、目標にされたことで
負けたのだと思います

あとペリエの力も大きいと思います

それでも日本競馬の力は示すことができたし
胸を張って帰ってきていいと思います

とにかく馬にも陣営にも「お疲れさま」と
言ってあげたいですね

結果は残念でしたが今度こそ日本馬の1着を見たいです
ぜひともキンカメ産駒に達成してもらいたいですね


コディーノに期待するのは気が早すぎますかね?

  1. 2012/10/08(月) 01:04:18|
  2. キンカメ速報(競馬全般)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大和郡山と吉野山(奈良旅行2日目)

奈良旅行2日目は吉野山に行ってきました

早く支度ができたため、予定より早い電車に乗り
奈良駅を出発。JR郡山駅へ

そこから近鉄郡山駅に移動して電車に乗ろうと思ったのですが
いい時間の電車がありませんでした

結局予定通りの電車に乗ることに
少し時間があるので周辺を散策しました

まずは源九郎稲荷神社へ
P7150160.jpg
小さいですが結構味があってよかったです

ちなみに1日目に訪れた漢國神社の
摂末社には源九郎稲荷神社がありました

このあとは少し戻って薬園八幡神社へ
P7150168.jpg
境内は祭りの準備中でした

そろそろいい時間になったので駅へ移動

途中乗り継ぎながら吉野駅に到着

ロープウェイは使わずに徒歩で金峯山寺を目指します

黒門を通り、しばらく歩くと仁王門見えてきました
P7150215.jpg
他の建物と比較すると大きさがわかると思います

仁王門を通ると広場のような空間があり
そこに蔵王堂もありました
P7150238.jpg
P7150244.jpg
やはり迫力がありますね

400円を払い蔵王堂の中も見てきました

なかなか面白い絵を見ることができました

このあとは金輪王寺・吉野朝皇居跡を見て
引き返す予定だったのですが
せっかくなので脳天大神龍王院へ
P7150263.jpg
かなり階段を下ります。京都の伏見稲荷神社を思い出しました

ようやく到着
P7150269.jpg
P7150277.jpg
近くに川が流れておりいい雰囲気でした
また参拝者もたくさんいました

このあとは宝泉坊に行き再び蔵王堂方面へ戻ります
かなり階段を上りました

蔵王堂を通りそのまま吉水神社へ
P7150299.jpg
P7150307.jpg
こちらも世界遺産です

後醍醐天皇や源義経、豊臣秀吉といった人物ゆかりの神社です
実際に使われた部屋も見ることができます

建物も非常に歴史を感じさせるものでした

この後は吉野水分神社へ
上り坂をひたすら登りました

見た目は思ったより小柄でひっそりとしています
P7150328.jpg
P7150332.jpg

本殿
P7150331.jpg
橙色のようななんともいえない色合いがすばらしいです
上ってきた甲斐がありました

このあとは一気に下って如意輪寺目指します
途中かなりの山道を通りました
P7150350.jpg
P7150354.jpg
宝物館や庭園も見てきました

このあとは竹林院へ
P7150377.jpg
大和三名庭といわれる群芳園を見てきました

このあとは桜本坊へ
P7150389.jpg
P7150391.jpg
時間が遅かったので建物の中には入れませんでしたが
なかなか見所のあるお寺でした

このあとは吉野駅のほうへ向かいながら
道沿いのお寺などに寄ってきました

このまま帰ろうかと思ったのですが
まだ明るいので吉野神宮へ行くことに

再びかなりの距離を歩きました
P7150478.jpg
P7150480.jpg
山の中にあったのですがなかなか立派な神宮でした

このあとは吉野神宮駅から電車に乗り奈良中心部へ

途中再び通った薬園八幡神社では
祭りが行われておりいい雰囲気でした


こんな感じで2日目は終了

3日目は長谷寺・飛鳥観光です!

  1. 2012/10/08(月) 00:26:29|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。