テトラポッドの裏

true tearsを応援中。たまに他の話題もする。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ケイアイエレガントが京都牝馬ステークス制する

今週のキンカメ産駒は6勝、うち重賞1勝でした。
相変わらず好調です。

まず土曜日は4勝。

キンカメ娘6歳トリオで挑んだ京都牝馬ステークスは、ケイアイエレガントが制しました。
スタート直後、鞍上に押されて先頭に立ち、そのまま最後の直線へ。
他馬がいまいち伸びない中、ゴールまで駆け抜けました。
鞍上のサポートもあり、会心のレースです。おめでとう!

同レースに出走したアロマティコは16着、レイカーラは18着でした。
残りレースは少ないと思いますが、最後にもう一花咲かせてやりたいです。
特にアロマティコは全てがかみ合えばG1にも届き得た器だったと思います。
そんな馬がG1どころか重賞未勝利というのは悲しいです。
なんとか頑張ってほしい。

それにしてもピング帽が・・・(笑)

他はレーヴミストラルが未勝利を脱出。
2歳時から活躍した兄姉の活躍と比べるとモタモタした感があり、過度な期待は禁物ですが、この一族の敵は健康です。
兄姉になかった丈夫さと成長力で、彼らを超えていってほしいです。


日曜は2勝。

重賞はグランドシチーが2着。
8歳ですがまだやれることを証明しました。
1着は別格だったので仕方ないです。

他はウラレナが予後不良となりました。
アパパネの全弟ですが、この子なりに頑張ってくれればそれでいいと思っていましたし、前走でようやく才能が開花し始めたと思っていました。
ですので、落馬直後の様子は見ていられませんでした。
心よりご冥福をお祈りします。

スポンサーサイト
  1. 2015/01/25(日) 20:41:29|
  2. キンカメ速報(競馬全般)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トウシンモンステラは8着

今週のキンカメ産駒は4勝、うち特別2勝でした。

土曜日は2勝。

リーガルプレゼンスは新馬戦で9馬身差の圧勝でした。

曾祖母は名牝バレークイーン。
新馬線のためレースレベルはわかりませんが、楽しみな一頭が出てきました。
エルコンドルパサーのようにダートデビューからの芝転向もあり得ます。
今後に注目です。

あとはヤマニンボワラクテが中京メインの恋路ケ浜特別を勝利。
こちらはオッズ的にも順当といったところでしょうか。

他は2着が多く、2勝した以上に悔しい1日でした。


日曜も2勝。

ヴァイセフラウが500万以下、カッパドキアが熱田特別を勝利。

しかし、期待していた重賞は残念な結果に終わりました。

まずは京成杯。
3着クルーガー
5着ダノンリバティ
9着タケルラムセス

3頭のうち誰かがやってくれるかもと期待していただけに残念でした。
クルーガーはスタート直後、他馬が強引に外から入り込んできたため進路を塞がれ後退しましたが、最後の直線では後方から爆発的な末脚を発揮し、僅差の3着でした。
着順以上に強い競馬をしましたし、進路妨害がなければ結果は違っていたでしょう。

ただ賞金加算ができなかったのはかなり痛いです。
次走は確実に勝ってクラシックに進みたいところです。
去年のクラリティーシチーのようにはなってほしくないです。

ダノンリバティは好位で直線に入りましたが、最後は差されてしまいました。
復帰2戦目ですし、まだもう一つでしょうか。
クラシックを目指すのか、春はあきらめじっくりいくのか・・・
次走がポイントになりそうです。

タケルラムセスは直線で一瞬伸びかけましたが、持続しませんでした。
今後は強豪相手にどこまでやれるか踏ん張りどころです。


日経新春杯に出たトウシンモンステラは8着。

個人的に初重賞はそんなに甘くないと考え、3着にこれば十分と思っていました。
斤量の恩恵はありましたが、大外枠18番でチャラどころかマイナスだと思ったので、前日オッズが一時期1番人気になっていたのには驚きました。

レースは道中後方に控え、最後の直線に入ったところでもかなり後ろのほうでした。
枠のこともあったので、一か八かのイン強襲でしたが、結局最後まで前は開かず不完全燃焼でした。
直線では馬が首を傾け、進路を探しているように見えました。
途中でギアが入りましたが、前が開かず、馬自ら足を止めているように見えました。

それでも8着に来たのですがから、やはり力はあります。

全兄カフナは6歳で本格化し、重賞制覇目前で無念の引退となりました。
この馬は兄よりも成長が早いようなので、早いところ重賞を勝ち、G1に挑戦してほしいです。


今週は4勝と十分な活躍でしたが、惜しい敗戦が多く、悔しい気持ちのほうが大きかったです。


  1. 2015/01/18(日) 17:45:16|
  2. キンカメ速報(競馬全般)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プレシャスルージュが飛梅賞を制す

12日のキンカメ産駒はプレシャスルージュの
1勝のみでした。

レースはいいスタートから2番手を進み、
直線の3頭追い比べを制しました。

最後はタフな展開になりましたが、よく頑張りました。
3歳なので今後に期待です。


今週は3勝だけで少し寂しいですが、特別2勝に加え
ブチコが勝ったので良しとしましょう。

まあ2週連続で大爆発とはいかないですね。
来週もがんばれー


  1. 2015/01/12(月) 20:07:48|
  2. キンカメ速報(競馬全般)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

物語は続いていた。星稜が一年越しの悲願

2014年1月13日
改修工事のため「国立最蹴章」と銘打たれた
第92回全国高校サッカー選手権大会決勝。

初の北陸決戦となった富山第一 VS 星稜は、
2点ビハインドの残り5分から、第一が追いつき、
延長の末、劇的な逆転勝利を収めた。

星稜にとってはまさに悪夢のような幕切れだった。

そんな星稜が1年を経て決勝の舞台に戻ってきた。
監督が交通事故で入院するというアクシデントの中、
本当によく勝ち上がってきたと思う。

私は富山の人間だから、去年は当然第一を応援していた。

石川はお隣さんだからライバル意識はあるけど、
応援もしている。
今年はぜひ星稜に勝ってほしいと思っていた。

去年は地元の選手を集めた第一と県外選手が中心の
星稜が対比され、一部では星稜がヒールのように
なっていた。

もちろん、地元の選手のほうが応援に力が入るのは
わかるが、他県からきている選手も親元を離れて
頑張っている。

選手には何の罪もないし、相当な覚悟で留学している。
そんな選手たちを悪者のようには考えられないし、
選手を集めるというやり方を否定できないと思った。

とにかく今年は星稜に勝ってほしかった。

試合は後半に逆転されるという展開だったもの、
去年とは逆に、そのあと追いつき、延長で勝ち越し
優勝を決めた。

去年、決勝で点を入れた森山選手が今年も点を入れた。
去年のキャプテンがスタンド見守る中、本当に感動的
だった。

星稜には本当におめでとうといいたい。


それにしても富山、石川と優勝旗が北陸に2年連続で
来るなんて、以前は考えられなかった。

もちろんクラブユース優勢という時代の変化はあるものの
地方の学校の活躍が目立つようになった。

今後は第一も星稜もJユースとの選手の取り合いに
なると思う。
特に地元選手でチームを作っている第一にとっては
影響が大きいだろう。

クラブチームを選ぶか高校を選ぶかは選手の自由だから、
本人にとっていい選択ができればそれでいいと思う。

いずれにしろ、富山、石川で切磋琢磨し、今回のように
日本中を驚かせるような活躍をしてほしい。


  1. 2015/01/12(月) 19:49:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新たな「ボス」へ

10日に行われた寿ステークスは、キンカメ産駒の
マテンロウボスが勝ちました。

最後の直線は、大外を回しての2馬身差快勝なので、
実力が頭一つ抜けていたと思います。

11月末の500万以下からの3連勝でOP入り。
まさに充実期ですね。

次は休養を挟むかと思いますが、いずれは
古馬中距離G1に出走できるようになってほしいです。

アドマイヤボス、グランプリボスなど先輩「ボス」に
負けないような新たな「ボス」になってほしいですね。

同レースに出生したアドマイヤスピカは
最後の直線でどん詰まり・・・
まったく能力を発揮できませんでした。

準オープンを勝ち抜ける力はあると思うので
次走に期待です。


またダート3歳未勝利戦ではキンカメ産駒の白毛馬
ブチコが8馬身差の圧勝でした。

まだダートは1戦目なので今後が期待できます。

ブチ模様の白毛というルックスからも話題性抜群です。
競馬界を盛り上げるような人気者になってほしいですね。
もちろん競争成績も重要ですが。

それにしてもブチコの馬主は金子さん(HD)なんですね。
本当にすごい方です。。


11日は勝てませんでしたが、今週は3日開催です。

12日はフェアリーステークスのアドマイヤピンク、
ハナズプルメリアに期待です。
前日オッズはいまいちですが、3歳のこの時期は一気に実力を
つける馬がいて、世代内部の順位がコロコロ変わります。

チャンスはあると思うので頑張ってほしいです。


  1. 2015/01/11(日) 22:57:31|
  2. キンカメ速報(競馬全般)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

せっかくなので

2015年開幕週終了時点の種牡馬リーディングが出ていました。
種牡馬リーディング(20150106時点)
※スクリーンショットは1月6日取得
 取得先URL↓(netkeiba.comより)
 http://db.netkeiba.com/?pid=sire_leading&year=2015

開幕集の大爆発によりキンカメはぶっちぎりのトップです。
1週だけのデータなので、あまり意味のないランキングですが、
こんな年もそうそうないので、記念にスクリーンショットをとりました。

すぐにディープに抜かれると思いますが(笑)


データの更新は大体月曜日ですが、たくさん勝った週は
今か今かとサイトを覗いてしまいます。

逆に未勝利に終わった週は見たくありません(笑)


まだまだ始まったばかりですから、カメッ子たちには
怪我なく元気に走ってもらいたいものです。


  1. 2015/01/07(水) 00:13:27|
  2. キンカメ速報(競馬全般)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いきなりの大爆発

本日のキンカメ産駒は特別3勝を含む6勝でした。
昨日の重賞と合わせて今週は7勝。
2場開催での7勝は大爆発といえます。

お昼に一度チェックしたときはまだ0勝だったので
「2日連続でそううまくはいかないか・・・」
と思っていたのですが、帰ってきてビックリ。
なんと後半だけで6勝を挙げていました。

今回は実績馬の弟たちががんばりました。
アパパネの全弟ウラレナ
コディーノの全弟トレクァルティスタ
やはり功労馬の弟・妹が勝つのはいつも以上にうれしいです。

偉大な兄・姉を超えるのは容易ではありませんが、
彼らなりに頑張ってほしいものです。


今年は最高の滑り出しです。
この流れに乗って行きたいものです。


  1. 2015/01/05(月) 23:31:06|
  2. キンカメ速報(競馬全般)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラブリーデイが中山金杯を制す

2015年最初の重賞はキンカメ産駒のラブリーデイが制しました。

昨年はトゥザワールドの弥生賞まで重賞未勝利だったので(確か)
幸先のいいスタートです。

スタート後は内枠を生かし、ロスなく道中を進みました。
4コーナーでうまく外に出し、ロゴタイプに狙いを定めて
計ったように差し切りました。

会心のレースと言っていいと思います

3歳時の連続2着から、いつ重賞を勝ってくれるかと期待していたので
ようやくやってくれたという気持ちです。

今後は重賞戦線で安定した結果を残し、G1でも勝負できる実力を
着けてほしいです。

ポジション的にはヒットザターゲットのようなところですかね。
もちろんそれ以上の馬になってほしいのですが・・・

ゼウスウストは上がり最速で3着に食い込みました。
斤量の恩恵があるにしても7歳でこの活躍はうれしい限りです。

まずはOP特別を勝ってほしいです。


他には準OP出走のキクノソルが3着でした。


本日は1勝のみで少し寂しいですが、その1勝が重賞だったので満足です。

リーディングはディープの独走が予想されますが、
こちらはマイペースで頑張っていくしかないと思います。

3歳馬は期待できる馬が揃っているし(有力馬の怪我は本当に残念だった)
今年こそ念願の牡馬クラシック制覇と、ロードカナロナ以来の
大物登場に期待です。


  1. 2015/01/04(日) 18:39:14|
  2. キンカメ速報(競馬全般)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけましておめでとうございます

IMG_6851.jpg

あけましておめでとうございます

今年の目標はブログを更新すること!
ということで早くも達成です(笑)

まあ負担にならない程度にやっていければいいなと思います。

写真は滋賀県大津市にある日吉大社です。
独特の鳥居がいいですね。

  1. 2015/01/04(日) 10:35:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。