テトラポッドの裏

true tearsを応援中。たまに他の話題もする。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プレシャスルージュが飛梅賞を制す

12日のキンカメ産駒はプレシャスルージュの
1勝のみでした。

レースはいいスタートから2番手を進み、
直線の3頭追い比べを制しました。

最後はタフな展開になりましたが、よく頑張りました。
3歳なので今後に期待です。


今週は3勝だけで少し寂しいですが、特別2勝に加え
ブチコが勝ったので良しとしましょう。

まあ2週連続で大爆発とはいかないですね。
来週もがんばれー


スポンサーサイト
  1. 2015/01/12(月) 20:07:48|
  2. キンカメ速報(競馬全般)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

物語は続いていた。星稜が一年越しの悲願

2014年1月13日
改修工事のため「国立最蹴章」と銘打たれた
第92回全国高校サッカー選手権大会決勝。

初の北陸決戦となった富山第一 VS 星稜は、
2点ビハインドの残り5分から、第一が追いつき、
延長の末、劇的な逆転勝利を収めた。

星稜にとってはまさに悪夢のような幕切れだった。

そんな星稜が1年を経て決勝の舞台に戻ってきた。
監督が交通事故で入院するというアクシデントの中、
本当によく勝ち上がってきたと思う。

私は富山の人間だから、去年は当然第一を応援していた。

石川はお隣さんだからライバル意識はあるけど、
応援もしている。
今年はぜひ星稜に勝ってほしいと思っていた。

去年は地元の選手を集めた第一と県外選手が中心の
星稜が対比され、一部では星稜がヒールのように
なっていた。

もちろん、地元の選手のほうが応援に力が入るのは
わかるが、他県からきている選手も親元を離れて
頑張っている。

選手には何の罪もないし、相当な覚悟で留学している。
そんな選手たちを悪者のようには考えられないし、
選手を集めるというやり方を否定できないと思った。

とにかく今年は星稜に勝ってほしかった。

試合は後半に逆転されるという展開だったもの、
去年とは逆に、そのあと追いつき、延長で勝ち越し
優勝を決めた。

去年、決勝で点を入れた森山選手が今年も点を入れた。
去年のキャプテンがスタンド見守る中、本当に感動的
だった。

星稜には本当におめでとうといいたい。


それにしても富山、石川と優勝旗が北陸に2年連続で
来るなんて、以前は考えられなかった。

もちろんクラブユース優勢という時代の変化はあるものの
地方の学校の活躍が目立つようになった。

今後は第一も星稜もJユースとの選手の取り合いに
なると思う。
特に地元選手でチームを作っている第一にとっては
影響が大きいだろう。

クラブチームを選ぶか高校を選ぶかは選手の自由だから、
本人にとっていい選択ができればそれでいいと思う。

いずれにしろ、富山、石川で切磋琢磨し、今回のように
日本中を驚かせるような活躍をしてほしい。


  1. 2015/01/12(月) 19:49:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。