テトラポッドの裏

true tearsを応援中。たまに他の話題もする。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マジックが勝負に出た!大きなトレード

マジックとサンズ、マジックとウィザーズの間で大きなトレードがありました

まずマジックとサンズのトレード

マジックが獲得したのは
J・リッチ、ターコルー、E・クラーク

サンズが獲得したのは
カーター、ゴータット、ピートラス、将来の1巡目指名権、300万ドル


次にマジックとウィザーズのトレード

マジックが獲得したのは
アリーナス

ウィザーズが獲得したのは
ルイス


選手の移動をわかりやすくまとめると

マジック
IN J・リッチ、アリーナス、ターコルー、E・クラーク、
OUT カーター、ルイス、ゴータット、ピートラス、将来の1巡目指名権、300万ドル

サンズ
IN カーター、ゴータット、ピートラス、将来の1巡目指名権、300万ドル
OUT J・リッチ、ターコルー、E・クラーク

ウィザーズ
IN ルイス
OUT アリーナス


マジックとサンズのトレードに関してはサンズが得をしていると思います

J・リッチとカーターでは
ややJ・リッチのほうが選手としての価値があると思いまが
カーター+ピートラスならばJ・リッチよりも価値があります

J・リッチ放出は痛いですが結果的にSGの層は厚くなっているし
最大の弱点だったセンターを補強できたのは大きいです

特にサンズで機能していなかったターコルーを
うまくトレードの駒として使えたのはよかったと思います

クラークは一度しか見たことがないのでどういう選手かわからないのですが
身体能力が高く、期待できる選手だったと記憶しております
(レイカーズのイーバンクスと記憶が混同しているかも…) 

とはいえ実績がないので将来は未知数
放出してもそれほど大きな痛手ではないでしょう


それに対してマジックは損をしたトレードだと思います

ターコルーは確かにマジックでなら機能する可能性が高いですが
ハワードの控えだったゴータットの放出はまずかったような気がします

センターはファウルトラブルに陥る可能性が高いポジションなので
ゴータット抜きで大丈夫なのか疑問です

ターコルーが復活するという前提に立てば
3対3トレードでだいたい釣り合いが取れている気がします

しかし、マジックは1巡目指名権と300万ドルも失っているので
サンズとのトレードは現時点で損をしたといえるでしょう

損した分を取り返すにはクラークの成長にかけるしかないですね

以前マジックから出たアリーザがレイカーズで化けたように…


次にマジックとウィザーズのトレードです
正直、このトレードはどちらにも効果が少ないような気がします

まあ年俸抑制などの理由が絡んだトレードなので
あんまり戦力的にどうこういうのは違うのかもしれませんが…

ウィザーズはPGが三人もいて
アリーナス放出はやむを得ないと思います

アリーナスの代わりがルイスというのは若干物足りない気がしますが

アリーナスの怪我の多さ、昨年の騒動、
FGパーセントが低いわりに試投数が多いというプレーススタイル等を
考えれば、ルイスで釣り合っているんじゃないかと思います

それにルイスの残りの契約年数がアリーナスよりも少ないという点は
ウィザーズにとってよかったんじゃないでしょうか


マジックに関しては
これ以上ガードを増やす必要があったのか疑問を感じてしまいます

いや、確かにサンズとのトレードでSGが一人減っていることから
SGを増やすのはいいのだけど、J・リッチとレディックがいるのに
わざわざアリーナスクラスの選手を取る必要があったのかと感じてしまいます

それにアリーナスはSGで使うにはサイズが不足していますし…


マジックは優勝を狙ってのトレードでしょうが正直微妙です…

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/12/22(水) 00:51:58|
  2. NBA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tetrapodnoura.blog63.fc2.com/tb.php/399-0dd765ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。