テトラポッドの裏

true tearsを応援中。たまに他の話題もする。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聖剣伝説3 デュラン編をクリア

2週間ほど前からプレイしていた
聖剣伝説3全クリしました

デュラン、ホークアイ、シャルロットというパーティーです
最初なのでデュランを主人公にしました

以下ゲームの攻略情報やストーリーのネタバレがあるので注意してください


まず全体を通して感じたのは
このゲーム、ガキには難しいということです

10数年前にプレイしてた時は天かける道で迷ったのですが
今やってもこれは迷っても仕方ないと感じました

天かける道のリースのアジトで
おじいさんがこの後どこに行けばいいのか教えてくれるのですが
この会話1回しか聞くことができないんです

再度話しかけると答えてくれますが
ヒントの一部しか話してくれなかったと思います

つまりこのおじいさんの会話をAボタン連打で聞いていると
次どこに行けばいいのかわからなくなり
詰んでしまう可能性があるのです

ガキんちょだった私は見事に詰んでしまいました

他のステージでもちょっとした仕掛けが施されており
ある程度注意しながらプレイしていないと迷う恐れがあります

ガキにはレベルが高いゲームです


ただ仕掛けに関して、風の回廊は肩透かしでした

(ちょっと記憶が曖昧ですが)
最初風の回廊に行くと障害物があり先に進めません
何かアイテムか精霊が必要なのか?と考えていたのですが
イベントを進めて、再度風の回廊に行くと
なぜか障害物が消えているという腑に落ちない展開になります

ちょっとご都合主義だな?と感じてしまいましたが
その辺は愛嬌でしょう(笑)


また今回のプレイは特にレベル上げをせずにやったのですが
基本的に敵からは逃げずにマップも隅々まで探索しました

そうすると自然とレベルが上がって普通に進むことができるました

ただ難攻不落(笑)のローラント城辺りからボス戦が厳しくなってきました
その後は雑魚敵を倒すのも結構きつくなってきます

しかし零下の雪原をクリアした後にクラスチェンジをすると
雑魚敵に関してはかなり楽になりました


ちなみに基本的にボス戦は肉弾戦+回復のみで戦っていたのですが
神獣戦からはボスを倒すのにすごく時間がかかるようになったので
セイバー系魔法を使用して戦いました

これでめちゃくちゃ楽になります

なお最終的なクラスチェンジは
デュランがデュエリスト
ホークアイがナイトブレード
シャルロットがピジョップでした

あんまり深く考えず攻撃役のデュランとホークアイは闇闇
回復役のシャルロットは光光という具合でクラスチェンジを決めました

ただ闇デュランと光シャルロットは共にセイバー系魔法の使い手なので
ちょっと効率が悪い組み合わせかもしれません

あと最後のクラスチェンジにはアイテムが必要なので
ガラスの砂漠でかなり戦闘をしました

さらにラスボスを倒す前に最強装備を揃えたいとも思ったので
ドラゴンズホースで武器防具の種を狙いたくさん戦闘しました

そのおかげでレベルが50まで上がり
ラスボスはびっくりするくらい弱く感じました
(味方のステータスを上げる種を使ったり
相手のステータスを下げる特殊技を使ったうえでの戦闘ですが)

ちなみにブラックラビも倒しましたよ
ただ面倒だったのでbit数を使ったバグ技を使用して速攻で倒しました(笑)

10数年前に一度正攻法で倒しているし
今回は長時間のプレイで疲れていたので裏技を使用しました

5、6回戦闘してやっとモーグリバッジを落としてくれました
(追記 ブラックラビは一度倒すともう二度と現れないので
モーグリバッジを落とさなかった場合は
リセットして再チャレンジするしかありません)

モーグリバッジは単に遊びのネタとしてあるアイテムだと思っていたのですが
ラスボスがモーグリ化する攻撃をしてくるので
ちゃんと活用法が用意されているのだなと感心しました

モーグリバッジを使って色々試したところ
モーグリ状態のままフラミーに乗れることがわかりました(笑)
同様にチビッコ状態でもフラミーに乗れます

しかしブースカブーはモーグリ状態もチビッコ状態も解除されちゃうんですよね
この辺りもおもしろいです


さてデュラン編を全クリした後は
リース、アンジェラ、シャルロットのメンバーで再びニューゲームを始めました

一度全員女キャラでやってみたかったので挑戦してみました
物理攻撃が弱いので雑魚敵を倒すのもしんどいと思いますが
うまく補助系の魔法を使えば何とかなるんじゃないかと思っています

ちなみに主人公はリースです
昔プレイしたときに唯一リースを主人公にした記憶がなかったので
リースを選んでみました

序盤で難攻不落(笑)のローラント城に敵が侵入し
リースが弟を引き連れて王の下に向かうというシーンがあるのですが
王の下へ向かおうとした瞬間弟が転んでしまいます

しかしリースは何を思ったのか弟を無視して進んでしまうんです
マップで言うとなんと2フロア分進んでやっと弟がいないことに気付きます

はっきり言って爆笑です
リースェ…


それでは最後にエンディングのネタバレを追記部分にたたんで記事を終了します
かなり長文になったな


ラスボス戦の前にマナの樹が枯れてしまいフェアリーの力が弱まります
ラスボスに勝利した後、とうとうフェアリーが消えてしまいます

しかし消えた直後にフェアリーは新たなマナの女神となって生まれ変わってきます
ちょっと生まれ変わりが早すぎて感動できません(笑)

そのあとは各キャラのエンディングなわけですが
シャルロットにとっての重要キャラである(らしい)死んだはずのヒースが復活します
なんかフェアリーの命をもらった的なことを話していました

なんで元々死ぬはずだったフェアリーから命をもらうことができるのか謎で
この辺も無理やりハッピーエンディングにしているな?と感じてしまいました
まあそういうところが「ゲーム」なわけですが(笑)


最後はフラミーが世界を飛び回る映像とクレジットが流れて終わりです
10数年前の記憶を呼び戻しながらのプレイは楽しかったです

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/01/17(月) 00:16:18|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tetrapodnoura.blog63.fc2.com/tb.php/410-38c87614
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。