テトラポッドの裏

true tearsを応援中。たまに他の話題もする。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トウシンモンステラは8着

今週のキンカメ産駒は4勝、うち特別2勝でした。

土曜日は2勝。

リーガルプレゼンスは新馬戦で9馬身差の圧勝でした。

曾祖母は名牝バレークイーン。
新馬線のためレースレベルはわかりませんが、楽しみな一頭が出てきました。
エルコンドルパサーのようにダートデビューからの芝転向もあり得ます。
今後に注目です。

あとはヤマニンボワラクテが中京メインの恋路ケ浜特別を勝利。
こちらはオッズ的にも順当といったところでしょうか。

他は2着が多く、2勝した以上に悔しい1日でした。


日曜も2勝。

ヴァイセフラウが500万以下、カッパドキアが熱田特別を勝利。

しかし、期待していた重賞は残念な結果に終わりました。

まずは京成杯。
3着クルーガー
5着ダノンリバティ
9着タケルラムセス

3頭のうち誰かがやってくれるかもと期待していただけに残念でした。
クルーガーはスタート直後、他馬が強引に外から入り込んできたため進路を塞がれ後退しましたが、最後の直線では後方から爆発的な末脚を発揮し、僅差の3着でした。
着順以上に強い競馬をしましたし、進路妨害がなければ結果は違っていたでしょう。

ただ賞金加算ができなかったのはかなり痛いです。
次走は確実に勝ってクラシックに進みたいところです。
去年のクラリティーシチーのようにはなってほしくないです。

ダノンリバティは好位で直線に入りましたが、最後は差されてしまいました。
復帰2戦目ですし、まだもう一つでしょうか。
クラシックを目指すのか、春はあきらめじっくりいくのか・・・
次走がポイントになりそうです。

タケルラムセスは直線で一瞬伸びかけましたが、持続しませんでした。
今後は強豪相手にどこまでやれるか踏ん張りどころです。


日経新春杯に出たトウシンモンステラは8着。

個人的に初重賞はそんなに甘くないと考え、3着にこれば十分と思っていました。
斤量の恩恵はありましたが、大外枠18番でチャラどころかマイナスだと思ったので、前日オッズが一時期1番人気になっていたのには驚きました。

レースは道中後方に控え、最後の直線に入ったところでもかなり後ろのほうでした。
枠のこともあったので、一か八かのイン強襲でしたが、結局最後まで前は開かず不完全燃焼でした。
直線では馬が首を傾け、進路を探しているように見えました。
途中でギアが入りましたが、前が開かず、馬自ら足を止めているように見えました。

それでも8着に来たのですがから、やはり力はあります。

全兄カフナは6歳で本格化し、重賞制覇目前で無念の引退となりました。
この馬は兄よりも成長が早いようなので、早いところ重賞を勝ち、G1に挑戦してほしいです。


今週は4勝と十分な活躍でしたが、惜しい敗戦が多く、悔しい気持ちのほうが大きかったです。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/01/18(日) 17:45:16|
  2. キンカメ速報(競馬全般)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tetrapodnoura.blog63.fc2.com/tb.php/494-383418a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。