テトラポッドの裏

true tearsを応援中。たまに他の話題もする。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トゥザワールドの豪州遠征を考える

メンバーの揃った有馬記念で3歳馬ながら2着に入り、力を見せたトゥザワールド。
そんなトゥザワールドがオーストラリアに遠征することになりました。

個人的には今回の挑戦は応援したいと思っています。

まずオーストラリアの競馬ですが、日本より1、2ランクレベルが下がると思っています。
昨年、日本ではG2すら取れなかったアドマイヤラクティ、ハナズゴールが豪州G1を勝利したことから、その思いは強くなりました。
また日本ではイマイチだったタヤスツヨシ、ジェニュインといった種牡馬が豪州でG1馬を輩出している点からも、正直、レベルが高いとは思えません。

そんな豪州G1を遠征までして取りに行く意味はあるのかと思えますが、昨年より賞金額を大幅に増やし、世界的な競馬イベントを目指す意思を示したことから、今後はレベルが上がっていくことが予想されます。
宝塚記念まで国内に中距離G1がない現状を考えると遠征は悪くありません。

ただ心配なのは健康です。
昨年豪州G1を制したアドマイヤラクティも心臓麻痺により現地で非業の死を遂げました。
海外遠征はアクシデントがつきものです。

以前、海外挑戦は大賛成で楽しく見ていましたが、キンカメ産駒を応援するようになってからは、カメッコの無事を祈るあまり遠征に賛同できなくなってきました。
昨年のホッコータルマエもヒヤヒヤものでした。
とにかくまずは無事に帰ってきてほしい。
それが第一です。

そんな中、嫌になる情報が入ってきました。
クイーンエリザベスステークスの叩きがわずか2週間前に行われるザBMWになったとのこと。
同僚のトーセンスターダムは3週前で距離も本丸と同じランヴェットステークスだというのに・・・

ザBMWとランヴェットSではザBMWの方が賞金的に上のようですが、叩きという位置づけならランヴェットSのほうが適していると思います。

実績的にはスターダムより各上であるトゥザを格上のG1に使ったと思いたいのですが、スターダムを優先した使い分けのようにも思えます。
菊花賞の前哨戦でもトゥザは使い分けの犠牲になったと思います。
今回もまたか・・・と残念に思ってしまうのが正直なところです。

まして、健康に留意しなければならいない海外遠征で中1週でG1を2連戦。
かわいそうだと思ってしまうし、心配でなりません。

ただ決まったからには応援するしかありません。
馬名の通り「世界へ」羽ばたいてほしいです。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/02/08(日) 23:27:32|
  2. キンカメ速報(競馬全般)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tetrapodnoura.blog63.fc2.com/tb.php/500-182e79e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。