テトラポッドの裏

true tearsを応援中。たまに他の話題もする。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キズナ、ハープスターにラブリーデイらが挑む

日曜に行われるGⅡ京都記念。
キズナ、ハープスターのディープ産駒2強対決が注目されているが、他の馬にチャンスはないのだろうか。

我らがキンカメ産駒はラブリーデイ、トウシンモンステラ、スズカデヴィアスの3頭が出走。
いずれもようやく本格化してきたというところである。
ただ、現時点ではまだGⅠ級相手は厳しいという評価で、キズナ、ハープスターはやはり別格だと思っている。
よって、勝つのは難しいというのが私の予想である。

とはいえ、全く付け入るスキがないというわけではない。

キズナは骨折からの長期休養明けに加えトップハンデを背負う。
ハープスターも休養明けで、斤量の恩恵も少なくなった。
特にキズナに関しては骨折明けであることから過度な期待はできないと思う。

となると一番の計算できるのはハープスターということになる。
斤量増分を超える成長があったとすれば、ますます驚異的な存在になる。
ジェンティルドンナの跡を継ぎ、「牝馬の時代」の継続を象徴する存在になることだろう。

対するキンカメ勢で一番期待できるのはラブリーデイ。
前走の金杯は時計も優秀だったし、まだまだ成長途上だと考えるならば、前走からさらにパワーアップしたとことを見せてもらいたい。
勝てないとしても、どれだけ2頭と渡り合えたかが重要である。

また、トウシンモンステラは前走力を出し切れなかった感があり、ここで存分に力を発揮してほしい。
アドマイヤスピカが前走不完全燃焼からの次走大爆発があったので、モンステラにもそれを期待したい。

スズカデヴィウスは意外に人気しているという印象。
3勝のうち2勝が2200メートルのうえ、11月には京都2200メートルを勝っている。
得意な条件は揃っていると思うのでどこまでやれるか見てみたい。


トゥザワールド、ヒットザターゲットは出走しないが、ラブリーデイ、トウシンモンステラは今年のキンカメ古馬戦線で重要な役割を果たす馬である。
現時点ではGⅢ、GⅡレベルという評価だが、今回のレースでGⅠへの期待も持たせてほしいと思っている。
しかし、それもまだ早いかなというのが正直なところだ。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/02/15(日) 00:38:27|
  2. キンカメ速報(競馬全般)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tetrapodnoura.blog63.fc2.com/tb.php/502-2292ba54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。