テトラポッドの裏

true tearsを応援中。たまに他の話題もする。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

true tearsと城端

テレビ朝日でのtrue tearsファンイベントの放送を見ていたら
いろいろな思いが湧いてきたので率直に書きたいと思います
ちょっと堅い文になります

◆まずはテレビ朝日での放送について

「低予算」という言葉には違和感を感じました

今回のイベントに限っていえば上記のような言葉は当てはまらないと思います

イベント開催までのスタッフの方々の労力、時間、苦労を考えると
「低予算」の一言で片付けられるものではないと思います

もちろんこのイベントを除く今までの取り組み(クリアファイルやフラワーカード)
は「低予算」という言葉が当てはまるかもしれませんが
それほど多くの人が城端に訪れたとはいえません
取材が来るような盛り上がりもありませんでした

今回のイベントにはそれなりの労力があってのものだということをわかってもらいたい

ちょちょっとイベント開催のアイデアを出して
これだけのファンが集まったというのはではない

そもそもこのようなイベントが開催されるまでの道のりは
1年以上前から話さなければならない

まずはこっそり支援さん等が舞台モデルの紹介をし

さらに黒板の落書きさんが交流ノート設置のためにいろいろと尽力された

そして全国からファンが集まった

放送終了後もその足は途絶えることはなく

リピーターもたくさん出てきて
「true tearsが好き」というより
「true tearsがきっかけで城端が好きになった」というファンも出てきた

2008年4月の
true tearsパネル展のとき
イベント開始時に並んでたのは二十数名くらいだったんですよ

そのころは城端での表記も「トゥルー・ティアーズ」というものが多く
(おそらくアルファベットに不慣れなお年寄りへの配慮だったと思います)
今のようんに「true tears」と表記されていませんでした
時間をかけて地元の方にも理解されていったのです

このように7月5日の「ご来城記念ファンイベント」が開催されたのは
1年以上前からのファンの支えがあったからこそ

作品と地元とファンが1年以上育ててきたもの

もしテレビ朝日さんが
「アニメ文化は作るものではなく育てるものだ」と言いたかったのであれば
私もそのとおりだと思います
(ただアニメの殿堂が外国人観光客もターゲットにしているとなると話は変わる)

今回の例に当てはめると「作る」=アニメの殿堂
「育てる」=true tearsでの町おこし
ということでしょう

ただ育てるのはすごく大変なこと
true tearsの盛り上がりは様々な人の努力があり
富山(城端)という地が重なってできたもの

ほとんどのアニメはそこまで行かずに終わって行くでしょう

そのような様子が放送されていないので
補足をつけたくなり長々と書いてきました

もちろん短時間の枠で編集してまとめなければならない
テレビにそこまでの解説を求めるのは無理ですが・・

アニメの地域活性化に詳しくない人は
「箱モノじゃなくてこうやってアニメ文化を育てればいいじゃないか」
と簡単に言いそうなので

「時間と労力がかかる」ということは言いたかった


最後まで読んでくれた方ありがとうごさいました

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2009/07/10(金) 01:05:57|
  2. ご来城記念ファンイベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

先日はコメントありがとうございました。
携帯からだったので簡潔に書いたことなど諸般の事情で、なんだかぶっきらぼうで失礼で感じの悪いレスになってしまったことをお詫びします。
色紙は大切にします。 きちんとしたスタンドを購入する予定です。
  1. 2009/07/10(金) 01:35:41 |
  2. URL |
  3. しまうま技研 #-
  4. [ 編集 ]

まったくそのとおりで

 そうですね、今回のイベントは「1年以上前からのファンの支えがあったからこそ」生まれたものなんですね。

 朝日の放送に何となく違和感を感じたのは、そういう小さな積み重ねについて全く触れていなかったから、ということですか。

 かくいう自分も、つい「今頃こんな豪華なイベントが!?」とかブログ書いてしまったんですが(苦笑
  1. 2009/07/11(土) 17:30:49 |
  2. URL |
  3. 斬駆郎 #O3uioOEA
  4. [ 編集 ]

貴ブログへのコメント的には、始めましてになります
失礼いたします。

朝日の論法はさて置き、無粋を承知でいくつか指摘をば

ノート設置云々に関しては「こっそり支援」さんを拝見した後に
「同じ事やっても仕方ないじゃん、あっちはファン向けにやってん
だから、こっちは地元の人にアピールする方向でいくかね?」
と言った感じで行ったので、はっきり言えば私の方が後追い
ですね、言うたら「元祖」は向こうみたいな。

でノートですが、駅にああいったモノがあれば地元の方でも
「駅のアレはなんぞや」と言う形で話題になって後には
「最近見かけるっさんらっちゃ、なんやらアニメのなんかで
来とるみたいやね」
と、観光客層的に平素見かけない若者達の群れの目的が
なんであるのか噂程度にはなって安心できるのではないか、
そう言った感じの思考方向でしたね、実際割とそんな感じで
あったようですが。


ファンと地元の交流という点で言えば、08年の豪雨水害の際に
一部のファンの間で義援金の氏名欄に「true tearsファン」
と書いてttファンも城端復興を祈ってることをアピールしよう、
と言う動きがあった事も忘れてはいけない事では無いかと思います
…誰が言い出したかはさて置き。
  1. 2009/07/11(土) 23:10:30 |
  2. URL |
  3. おこぜのさしみ #dsZETsf.
  4. [ 編集 ]

>しまうま技研さん

いえいえ、全く気にしておりませんし、そちらの事情も存じております。
むしろ忙しいさなかコメントのレスありがとうございました。
色紙に関しては持つべき人が持ったという感じがします。
作品や城端への想いが運をもたぐり寄せたんじゃないでしょうか。


>斬駆郎さん

こんな堅苦しい文章にわざわざコメントありがとうございます。
今回のイベントはたくさんの方が参加されたので、
城端に初めて来られた方などに
このイベントが開催されるまでの過程的なものを紹介したいという思いがあったのです。

放送終了からこれだけの時間がたってのイベントというのも積み重ねがあってのものだと思います。


>おこぜのさしみさん

わざわざご指摘ありがとうございます。
なんだか勝手にリンクして、無理やりコメントさせてしまったようです。
申し訳ございません。

こっそり支援さんの舞台モデル検証と
ノート設置の時期はどちらが先か曖昧だったのですが
深く考えずに順番を逆にして紹介してしまいました。
しっかり確認するべきでした。申し訳ありません。
記事を修正しておきます。

先日、城端でお年寄りの方とお話しする機会があったのですが、
true tearsやピーエーワークスのことにも詳しく、
大変驚かされました。こういったのもノートの効果ですかね。

>>氏名欄に「true tearsファン」
さすがにこれも紹介したら某ブログを狙い撃ちになってしまいますからね(笑)
この件に関して、私のしょぼい経済力では「一部ファン」になれませんでした。
そういう呼びかけに賛同したものといえば
当方は5月4日にバンダナ買いましたよ。
当日付けれませんでしたが...orz

コメントのレスついでに懺悔。
ちょっと前のエントリで氷見の薮田にもノートを置いたらどうよ
というおこぜさんのパクリなアイデアを書いたのですが、
思ったことを書いただけで特に行動をしていませんし、
するつもりもありません、もしお気を悪くしておられたら申し訳ございません。
  1. 2009/07/12(日) 00:36:19 |
  2. URL |
  3. ヤドリカ #R.rd8DYI
  4. [ 編集 ]

言われて初めて、公開順番知りましたw
自分以外にも現地探訪されてる方おられたようですが、歩きやすいように案内風にしたのは自分が最初だっただけかと。
とはいえ、富山で放送していないアニメを地域と結びつけたのは、間違いなくおこぜのさしみさんですね。

自分は本当、たまたまそうなっただけ…という感じです。最初にtruetearsの舞台モデル探しに城端へ行ったのは、五箇山の雪景色撮影の帰りついででしたし、1月から3月の初回放送時は風景写真が趣味の者にとって、あまり撮しに行こうと思う被写体が無いシーズンだったため、アニメの舞台モデルを撮そうという気になった…というだけです。

まず、話題になるくらい綺麗な作画をされたP.A.Worksの作品があり、自分がその風景撮ろうと思って撮影に行き、おこぜのさしみさんが城端駅にノートを設置し、北日本新聞がそれをとりあげ、やまべ美嗣県議員が地方で放映するよう働きかけ、それをネットニュースがおもしろおかしく取り上げ…と、truetearsを巡る話題は一朝一夕でできた物では無く、本当にいろいろな出来事があって、今回のイベントに繋がった感じです。そういう面では、テレ朝の放送内容は極論のごく一部を取り上げただけであるのは確かですね。

テレ朝のようなごく一面の上辺だけ見て、「鷲宮の二番煎じ」とか「オタをネタにするな」という浅はかな言葉が出てきてるのも事実。いつか、地味な下積みがあって初めてこのような事になった事を、自分のブログでまとめておきたいところです。
  1. 2009/07/13(月) 22:58:16 |
  2. URL |
  3. inoue1024 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

>inoue1024さん

コメントありがとうございます。

こっそり支援さん制作のGoogle mapは特に県外の人なんかには親切だったんじゃないでしょうか。
初めに舞台検証される方は自分で「聖地」を探していくわけですから、労力や時間もかかったと思います。
その辺はやはり評価されるべきだと思います。

>「鷲宮の二番煎じ」
私も城端は他の聖地とはやはり違うように感じます。
昨年鷲宮に行って来ましたが城端とはかなり印象が違いました。
町が違うというより、訪れるファンの層が違うように感じました。
城端は「城端らしさ」を大切にしてこれからもtrue tearsを大切にしていってほしいです。

>いつか、地味な下積みがあって初めてこのような事になった事を、自分のブログでまとめておきたいところです。

これは期待しております!こっそり支援さんならすごくきれいにまとめそうです。
放送開始からは1年7か月経ちましたんで、結構長い歴史年表が作れそうですね(笑)
  1. 2009/07/14(火) 20:16:17 |
  2. URL |
  3. ヤドリカ #R.rd8DYI
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tetrapodnoura.blog63.fc2.com/tb.php/91-6cc591a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。